HOME » 知っておきたい香川の太陽光発電とお金の話 » 香川でもらえる補助金は?

香川でもらえる補助金は?

太陽光発電システムの設置をすることによって、国や香川県など行政から支給される補助金についてまとめています。

香川の太陽光発電設置でもらえる補助金額

日本最少の面積の香川県。

面積は狭いながら、2011年度の財政力指数は0.45と全国20位で、中国・四国・九州地方では福岡県、広島県に次ぐ指数を誇っています。

財政状況は悪くないだけに、太陽光発電の補助金体制も問題ありません。

香川でうけられる補助金についてチェックしてみましょう。

【国の補助金】

  • 条件:1kW当たりのシステム価格が50万円以下のもの→補助金額:1.5万円/kW
  • 条件:1kW当たりのシステム価格が41万円以下のもの→補助金額:2.0万円/kW

(平成25年度)

【県の補助金】

  • 2.0万円/kW(上限8万円)

【市町村の補助金】

  • 高松市:2.0万円/kW(上限12万円。事業所用は200万円)
  • 坂出市:5.0万円/kW(上限20万円)
  • 丸亀市:2.0万円/kW(上限10万円)
  • 観音寺市:5.0万円/kW(上限10万円)
  • 善通寺市:5.0万円/kW(上限20万円)
  • 三豊市:5.0万円/kW(上限20万円)
  • 多度津町:3.5万円/kW(上限7万円)
  • まんのう町:4.0万円/kW(上限12万円)

適用諸条件は各自治体により多少の差違はありますが、一例として県の補助条件を紹介しておきましょう。

県の補助金をうけるには、太陽光発電システムが次の要件満たす必要があります。

1つは、設置される住宅で発電した電力が消費され、かつ連系された電線に余剰電力が逆流されるもの。

1つは、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法第6条第1項」の規定による10kW未満の認定をうけた太陽光発電設備であること。

1つは、太陽電池モジュール・パワーコンディショナが未使用品であること。

そのほか、税金の滞納がないことや暴力団関係者でないことなどの条件がありますので、詳しくは自治体へ問い合わせてみてください。