HOME » 知っておきたい香川の太陽光発電とお金の話 » 投資としての太陽光発電

投資としての太陽光発電

太陽光発電にまつわるお金の話のうち、ここでは太陽光発電への投資について説明します。

有力な投資商品・太陽光発電

実はここ数年、投資商品として太陽光発電設備がにわかにクローズアップされてきています。

というと、「太陽光発電と投資ってどう結びつくの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

これは太陽光分譲ファンドともいわれるもの。

分配方法や細かい条件などはファンドを運営する会社や商品によって多少の違いはありますが、何人かの出資者によって大型太陽光発電所をつくり、そこで発電された電力を電力会社に売電するというしくみ。

売電で得た利益を出資者に分配することで、利益をえることができます。

投資でありながら環境や社会への貢献ができるという点も、一般的な金融や不動産などの投資とは一線を画すところでしょう。

太陽光分譲ファンドは、個人での売電とは異なり「再生可能エネルギー全量買取制度」が適用されるため、発電した電力をすべて売電が可能。

通常、一般家庭での売電は余った電力のみを売却するので収入も少額で安定せず、買取期間も10年と短くなります。

「再生可能エネルギー全量買取制度」が適用されれば買取期間も20年となることから、長期的、かつ安定した収入源として、老後の年金替わりや副収入として注目されているのです。

そのぶん、いかに私たちに有利な投資会社・業者を選ぶかどうかが、上手に投資できるか否かのポイント。

たとえば、「土地探しからしてくれる」「すべて自社施工で対応する」などの業者がおすすめです。

どんな場所にどんな機材を設置すると最大限の太陽光エネルギーを生かせるのかは、太陽光発電に精通する専門業者でなければわかりません。

施工についても下請けを使うとその分コストがかさんだり、施工期間が長引いたりするほか、厳密なメーカーの施工基準をクリアすることもままならず、自社で責任をもって施工してくれる業者に限るのです。

太陽光発電の投資はこれからどんどん成長が見込める分野。

つまり、競合が増えていくほど売電価格の値下がりも考えられるので、なるべく設置費用が抑えられる業者を選ぶ必要があるということ。

香川県内で太陽光分譲ファンドをはじめるなら、まさにいまがチャンスなのです。