導入費用の相場

太陽光発電システムの導入費用にはいったいいくら必要なのか、その相場についてまとめています。

気になる太陽光発電の導入費用は?

ソーラーパネル・太陽光発電を設置するうえで、やはり気になるのがそのお値段。

メーカーや機種、販売店によってまちまちとはいえ、相場がどれくらいなのかはつかんでおきたいところ。

太陽光発電システムの価格は、一般的に1kWあたりで算出されます。

2014年4月現在の相場をみてみると、1kWあたり350,000円前後

30坪から40坪程度の住宅でだいたい3~4kWの太陽光発電システムが必要といわれているので、1軒あたり100万円から150万円程度がひとつの目安となるのではないでしょうか。

ただし、これはモジュール本体の相場。パワーコンディショナーや設置するのに必要な工事費用なども含めると、この限りではありません。

「じゃあ総額はどのくらいなの?」かというと、モジュール相場(100万円~150万円)+その他の費用が60万円~80万円で、160万円~230万円

モジュール以外の内訳は、おおよそ次のようになります。

  • パワーコンディショナー:200,000円~250,000円
  • 発電モニター:50,000円
  • リモコン・ケーブル・その他:20,000円
  • 設置架台:100,000円
  • 架台工事費:80,000円
  • 太陽電池モジュール設置工事費:150,000円
  • 電気配線工事費:100,000円~120,000円

となると、最低でも200万円は見積もっておきたいと言いたいところですが、ここから販売店・業者によって割引が入るうえ、補助金を利用すればかなりの額が差し引かれます。

したがって導入までのコミコミの相場は、100万円~150万円といったところになるでしょう。

もちろん、値引き幅や金額だけで販売店・業者を選ぶのはおすすめできません。

サービスやフォロー、技術力、安全性など、あらゆる面を総合的にみて選ぶようにしてください。

高いお金を出して設置しても、「すぐに調子が悪くなった」「故障しても対応が遅い」ではせっかくの太陽光発電も台無しです。

【参考】主要メーカー別の相場

  • MITSUBISHI:3.18kW(1kWあたり45万円)
  • SHARP:3.675kW(1kWあたり47万円)
  • HONDA:2.60kW(1kWあたり47万円)
  • Panasonic:3.495kW(1kWあたり46万円)
  • TOSHIBA:3.175kW(1kWあたり46万円)
  • SOLAR FRONTIER:3.06kW(1kWあたり41万円)