HOME » ソーラーパネルと併せて設置したいエコ設備

ソーラーパネルと併せて設置したいエコ設備

ソーラーパネル・太陽光発電とあわせて設置したい、エコエネルギー設備について紹介します。

「ついでに」というには少しコストはかかるものの、長い目で見れば経済的な場合も。予算などの都合もあるでしょうが、ぜひ一度検討してみてください。

ソーラーパネルとの併設におすすめなエコエネルギー設備

【エコキュート】

エコキュートとは、空気を熱源としてお湯を沸かせる電気給湯機(冷媒は二酸化炭素)の愛称で、正確には「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」のこと。

「エコキュート」の名前は関西電力が登録商標をもっていて、暖房器具メーカーのコロナが2001年に世界に先駆けて発売したのがはじまりです。

ヒートポンプ技術を使ってお湯を沸かすことで給湯の省エネが可能となるだけでなく、これまでの一般的な燃焼式給湯器と比べ、光熱費が安くできるというメリットもあります。

また、お湯をタンクに貯水するしくみなので、断水してもその水を非常用水として利用することも可能。

これはいつも夏場の給水制限や断水に悩ませる、私たち香川県民にとっては大変ありがたいこと。

エコキュートはその高い経済性や環境性が認められ、2002年には省エネ大賞の経済産業大臣賞を受賞。

発売後から徐々に設置家庭が増え続け、10年後には200万台以上が出荷されています。

いまやソーラーパネルとエコエネルギーの双璧をなす存在となっているだけでなく、両方の設備を設置する家庭・事業所も少なくありません。

価格のほうはメーカーや機種によって幅があるものの、設置費用込でおおよそ50万円~90万円が相場。

高めに見積もっても、100万円ほどを予算の目安としておくといいでしょう。

デメリットとしては、ケースによっては冬場に光熱費が高くなってしまうこともあること、停電のときには使うことができないことなどがあげられます。

【エネファーム】

エネファームは、はじめから節電を目的として開発された家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの愛称です。

都市ガス・LPガス、灯油などを燃料にして発電するとともに、発電時に発生する排熱を給湯に用います。

水素と酸素との反応による発電であるため、二酸化炭素が発電時に生まれないこともエネファームの大きな特徴でしょう。

排熱を利用することで発電時のエネルギー利用効率、つまりエコ率が高く、自宅での発電であるため送電ロスも皆無。一般家庭で使う電気の50%前後をまかなうことが可能なので、電気代もお得。

エネファーム専用料金を設定しているのはガス会社であり、ガス代が大幅に抑えられることもあります。

費用のほうは200万円から300万台円と決して安くはありません。

また、発電設備でありながら停電時には使用できなかったり、人によっては低周波の動作音が気になったりするなどの側面もあります。

しかし、経済的に余裕のある家庭や大人数の世帯、電気・ガス代を節約したい事業所には最適な設備。

100万円台の補助金が出るケースもありますので、自治体の補助金情報などもチェックしてみるといいでしょう。

【エコウィル】

家庭用コージェネレーションシステムの愛称である、エコウィル。ガスエンジンで都市ガス・LPガスなどを燃料に発電し、発電時の排熱で給湯します。

オール電化に比べてより大量のお湯を即時に供給できるため消費電力を最小限に抑えられるほか、エネファーム同様に送電ロスがないこと、補助熱源機があるのでお湯切れがないことなどがメリット。

二酸化炭素の排出量も少なく環境へのやさしさにも配慮されています。

2003(平成15)年度「省エネ大賞」会長賞、2004(平成16)年度「エコプロダクツ大賞推進協議会」会長賞などの受賞歴が、エコウィルのエコ性能を物語っているのではないでしょうか。

最大で1kWほどと発電能力に限度はありますが、家庭用の電力を補助するには十分でしょう。

価格相場は50万円から80万円ほど。

設置には補助金が適用されるので、詳しくはお住まいの自治体に問い合わせてみてください。